株式会社 原田伸銅所

〒335-0023 埼玉県戸田市本町5-9-25

TEL 048-441-5111FAX 048-444-9104

 
りん青銅の板・条
りん青銅の特性、用途・展望
HOT-DIPすずめっきの特性、用途・展望
りん青銅 板・条の取扱製品一覧

製品情報

印刷する

りん青銅 板および条

※規格の化学成分、機械的性質、厚さの規格値外、または範囲外についてのご要望につきましては、別途ご相談ください。

化学成分

合金番号 化学成分(%)
Sn P Fe Pb Zn Cu+Sn+P
C5050 1.0~1.7 0.15以下 0.10以下 0.02以下 0.20以下 99.5以上
C5111 3.5~4.5 0.03~0.35
C5102 4.5~5.5
C5191 5.5~7.0
C5212 7.0~9.0

機械的性質

合金番号 質別 引張試験 硬さ試験
引張強さ
N/m㎡
伸び
%
ビッカース
硬さ HV※1
C5050 O 240以上 40以上 -
1/4H 240~330 30以上 60~120
1/2H 330~450 10以上 90~155
H 390~500 3以上 120~165
EH 460以上 - 140以上
C5111 O 295以上 38以上 -
1/4H 345~440 25以上 80~150
1/2H 410~510 12以上 120~180
H 490~590 7以上 150~200
EH 570~660 3以上 170~220
SH 640以上 - 200以上
C5102 O 305以上 40以上 -
1/4H 375~470 28以上 90~160
1/2H 470~570 15以上 130~190
H 570~665 7以上 170~220
EH 620~710 4以上 190~230
SH 660以上 - 200以上
C5191 O 315以上 42以上 -
1/4H 390~510 35以上 100~160
1/2H 490~610 20以上 150~205
H 590~685 8以上 180~230
EH 635~720 5以上 200~240
SH 690以上 - 210以上
C5212 O 345以上 45以上 -
1/4H 390~510 40以上 100~160
1/2H 490~610 30以上 150~205
H 590~705 12以上 180~235
EH 685以上 5以上 210以上

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

※1 最小試験力は1.961Nとする。

ページの先頭へ戻る

厚さの許容差

C5050・C5111・C5102・C5191・C5212(りん青銅)

単位㎜

厚さ 許 容 差 (幅)
400以下 400を超え650以下
0.05以上 0.08以下 ±0.005 -
0.08を超え 0.15以下 ±0.008 -
0.15を超え 0.25以下 ±0.013 -
0.25を超え 0.4以下 ±0.018 -
0.4を超え 0.55以下 ±0.020 ±0.045
0.55を超え 0.7以下 ±0.025 ±0.05
0.7を超え 0.9以下 ±0.030 ±0.06
0.9を超え 1.2以下 ±0.035 ±0.07
1.2を超え 1.5以下 ±0.045 ±0.08
1.5を超え 2以下 ±0.05 ±0.09
2を超え 3以下 ±0.06 ±0.10
3を超え 5以下 ±0.08 ±0.12
5を超え 7以下 ±0.10 -

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

●許容差を(+)又は(-)だけに変更する場合は、上記数値の2倍とします。

ページの先頭へ戻る


ばね用りん青銅 板および条

※規格の化学成分、機械的性質、厚さの規格値外、または範囲外についてのご要望につきましては、別途ご相談ください。

化学成分

合金番号 化学成分(%)
Sn P Fe Pb Zn Cu+Sn+P
C5210 7.0~9.0 0.03~0.35 0.10以下 0.02以下 0.20以下 99.5以上

機械的性質

合金番号 質別 引張試験 ばね限界値試験 硬さ試験
引張強さ
N/m㎡
伸び
%
ばね限界値
(Kb0.1)N/m㎡
ビッカース
硬さ HV※1
C5210 1/2H 470~610 27以上 245以上 140~205
H 590~705 20以上 390以上 185~235
EH 685~785 11以上 460以上 210~260
SH 735~835 9以上 510以上 230~270
ESH 770~885 5以上 500以上 245~285

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

※1 最小試験力は1.961Nとする。

ページの先頭へ戻る

厚さの許容差

C5210(ばね用)

単位㎜

厚さ 許 容 差 (幅)
400以下
0.05以上 0.08以下 ±0.005
0.08を超え 0.15以下 ±0.008
0.15を超え 0.25以下 ±0.013
0.25を超え 0.4以下 ±0.018
0.4を超え 0.55以下 ±0.020
0.55を超え 0.7以下 ±0.025
0.7を超え 0.9以下 ±0.030
0.9を超え 1.2以下 ±0.035
1.2を超え 1.5以下 ±0.045
1.5を超え 2.0以下 ±0.050

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

●許容差を(+)又は(-)だけに変更する場合は、上記数値の2倍とします。

ページの先頭へ戻る


高強度(C5240)りん青銅 条

化学成分、機械的性質、厚さの規格値外、または範囲外についてのご要望につきましては、別途ご相談ください。

概要

電子機器・部品の小型・薄型化に伴い、使用される「りん青銅」にも高強度かつ高精度のニーズが高まっています。
当社では、このニーズに応えるべく従来のラインアップに加え10%Sn「C5240」の生産体制を整えています。

 

データ

C5240データ(PDF:296KB)

 

化学成分

合金番号 化学成分(%)
Sn P Fe Pb Zn Cu+Sn+P
C5240 9.0~11.00 0.03~0.35 0.10以下 0.02以下 0.20以下 99.5以上

機械的性質

合金番号 質別 引張試験 ばね限界値試験 硬さ試験
引張強さ
N/m㎡
伸び
%
ばね限界値
(Kb0.1)N/m㎡
ビッカース
硬さ HV※1
C5240 H 650~750 11以上 430以上 200~240
EH 750~850 9以上 510以上 230~270
SH 850~950 5以上 570以上 250~300
ESH 950以上 - 630以上 270以上
XSH 1000以上 - 700以上 290以上

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

※1 最小試験力は1.961Nとする。

ページの先頭へ戻る

厚さの許容差

C5240

単位㎜

厚さ 許 容 差 (幅)
400以下
0.05以上 0.08以下 ±0.005
0.08を超え 0.15以下 ±0.008
0.15を超え 0.25以下 ±0.013
0.25を超え 0.4以下 ±0.018
0.4を超え 0.55以下 ±0.020
0.55を超え 0.7以下 ±0.025
0.7を超え 0.9以下 ±0.030
0.9を超え 1.2以下 ±0.035
1.2を超え 1.5以下 ±0.045
1.5を超え 2.0以下 ±0.050

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

●許容差を(+)又は(-)だけに変更する場合は、上記数値の2倍とします。

ページの先頭へ戻る


高強度高加工性りん青銅HQ

電子機器・部品の小型・薄型化に伴い、使用されるりん青銅にも高強度かつ高精度のニーズが高まっております。 当社ではこのニーズに応えるべく従来のラインナップに加え、高い曲げ加工性を有する「HQ」シリーズの生産体制を整えました。

 

物理特性

HQシリーズは、加工プロセスの制御により、機械的特性の向上を行なったりん青銅であり、従来のりん青銅と同一の合金成分で、物理的特性は維持されています。

 

合金番号/ Alloy number

C5191 C5210 C5240

融点(液相) / Melting Point(Liquidus)

1040° 1020° 1000°

融点(固相) / Melting Point(Solidus)

900° 880° 845°

比重 / Specific Gravity

8.82 8.80 8.78

線膨張係数 / Linear Expansion Coefficient

18.2×10-6 /K

18.2×10-6 /K

18.4×10-6 /K

熱伝導率 / Thermal Conductivity

67 W/m・K

63 W/m・K

50 W/m・K

導電率 / Electrical Conductivity

14 %IACS

12 %IACS

10 %IACS

比熱 / Specific Heat

375 J/Kg・K

377 J/Kg・K

375 J/Kg・K

縦弾性係数(引張) / Modulus of Elasticity(Tension)

115 kN/m㎡

110 kN/m㎡

105 kN/m㎡

縦弾性係数(たわみ) / Modulus of Elasticity(Deflection)

105 kN/m㎡

100 kN/m㎡

100 kN/m㎡

 

化学成分

【弊社管理基準】
化学成分は、従来のりん青銅と同等であり、弊社はりん青銅専業である利点を生かし、 より厳密な不純物管理を行なっております。

仕様 Spec. Sn P Pb Zn Fe Cu+Sn+P
C5191

5.5~7.0

0.03~0.20

0.01max

0.01max

0.01max

99.8min

C5210

7.0~9.0

0.03~0.20

0.01max

0.01max

0.01max

99.8min

C5240

9.0~11.0

0.03~0.20

0.01max

0.01max

0.01max

99.8min

規格

0.03~0.35

0.02max

0.20max

0.10max

99.5min

 

製品サイズ

下表の質別、板厚に対し、HQを展開しております。
下表以外のサイズについては、別途ご相談ください。

品種

製品板厚

質別

H EH SH ESH XSH

C5191HQ

0.05~0.30mm

C5210HQ

C5240HQ

 

機械的性質

HQ、弊社一般はいずれも代表例

合金番号 質別 記号 引張強さN/m㎡ 0.2%耐力N/m㎡ 伸び% 硬さ HV ばね限界値N/m㎡
C5191 H 規格 590~685 8min 180~230
HQ 630 614 22.6 203
弊社一般 620 600 17.6 202
EH 規格 635~720 5min 200~240
HQ 699 697 13.7 214
弊社一般 690 662 11.0 213
SH 規格 690min 210min
HQ 744 739 12.7 222
弊社一般 725 710 8.3 216
C5210 H 規格 590~705 450min 20min 185~235 390min
HQ 616 569 35.3 197 469
弊社一般 615 549 28.6 193 462
EH 規格 685~785 580min 11min 210~260 460min
HQ 721 694 23.2 229 563
弊社一般 724 684 17.0 228 554
SH 規格 735~835 640min 9min 230~270 510min
HQ 778 773 13.3 242 632
弊社一般 771 756 11.4 240 627
ESH 規格 770~885 690min 5min 245~285 560min
HQ 845 834 9.3 258 648
弊社一般

XSH

規格 835~1000 1min 630min
HQ 979 968 2.1 285 706
弊社一般
C5240 H 規格 650~750 510min 11min 200~240 430min
HQ 693 657 25.6 223 558
EH 規格 750~850 630min 9min 230~270 510min
HQ 800 783 15.3 245 585
SH 規格 850~950 750min 5min 250~300 570min
HQ 890 877 9.2 267 661
ESH 規格 950min 870min 270min 630min
HQ 1000 988 2.4 285 718
XSH 規格 1000min 930min 290min 700min
HQ 1058 1044 2.0 305 883

備考:上記規格はJIS H3110及びH3130より一部を引用。

※JIS H 3130(2012)では規格化されていないため、社内規格を表記

ページの先頭へ戻る

組織(結晶粒度の微細化比較)

 

 

粗さ曲線

《C5210HQ-EH-0.06㎜のチャート(下図)》 Ra=0.049μm Rz=0.315μm Rt=0.456μm Rmax=0.462μm

※表面粗さについては、ご要望に合わせて対応を行っています。




厚さの許容差(HQ,弊社一般共通)

厚さ 弊社管理実績 規格
0.05㎜以上 0.08㎜以下 ±0.002㎜ ±0.005㎜
0.08㎜を超え 0.15㎜以下 ±0.002㎜ ±0.008㎜
0.15㎜を超え 0.25㎜以下 ±0.003㎜ ±0.013㎜
0.25㎜を超え 0.30㎜以下 ±0.004㎜ ±0.018㎜

厚さの許容差(HQ,弊社一般共通)


 


曲げ部表面写真(W曲げ)

 

参考相関図

詳しくは、別途お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る